読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Please Dr.Pepperman

音楽とかラーメン好きです

EXILE TRIBEの「オマージュ」が節操なくて笑ってしまった

こんばんはdebrielです。

 

先日、小沢健二が出るということで日本を代表する音楽番組、ミュージックステーションを見ました。

この回は異例の8組出演(多い)で、どうせオザケンは最後だろうな~ なんて思いながらリアルタイムで視聴。

 

矢継ぎ早に大人気のSHISHAMO(なのにルーツはピーズやピロウズ)、ジャニーズのHey! Say! Jump、アニソン界の歌姫LiSA、平井堅HKT48が登場し、X JAPAN小沢健二のために30分ほどの短い時間に押し込まれていました。

 

そして、中盤にEXILE THE SECOND(以下ETS)というEXILEの弟分グループが登場!!!!!!これがすごかった。

カラフルなスーツが衣装で、なんと曲のテーマが「80年代ファンク」。70-80年代ファンク好きの私は心躍ってました。

 

そして曲がスタート。サビぐらいまでは御覧ください。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はい?これ聴いたことあるような・・・

あれ?・・・・

 

 

 

 

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズのUptown Funkやないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11111111

 

 

見たときかなり引いてしまいました。というか笑った。メロやホーンなどが一部酷似。

ファンはこういうとき「オマージュ」と擁護しますが、「オマージュ」ってリスペクトありきだし、こんな最近の曲(3年前とはいえ今もCMで流れてる)だしで、人気に乗っかているだけとしか思えません。

曲自体もブルーノの方は音の隙間があって、音数も少ない「ファンクらしい」仕上がりになっているのに対し、ETSは音も詰め詰めで音も多い。そして打ち込み感。

 

あと上記のETSのPV見ていただいた方はお分かりだと思うのですが、なぜか女子の衣装は「60年代ロカビリー風」という。60年代か80年代かハッキリしてくれよ!!!

男のスーツも、ブルーノのMVのカラフルなスーツを意識したのかもしれませんが、ただのヤクザじゃん・・・。クール&ザ・ギャング感出てないよ!!!

 

 

「ファンク風EDM」くらいならまだ分かるけど、これを「80年代ファンク」と言われたら僕は人間不信になります。

なのでLDHさん、「80年代ファンク(をリスペクトしているブルーノ・マーズやマーク・ロンソンの曲をEXILE風にアレンジ)がテーマ」に即刻変えてください。人間不信になります(2回目)

 

 

あともう1個、大人気の三代目 J Soul Brothers(以下三代目)でも節操のない「オマージュ」がありました。

 

三代目はEDM的なアプローチの曲が多く、このSummer MadnessもEDM界で大人気のAfrojackが作曲しています。

この曲で紅白歌合戦に出場していて、僕はリアルタイムで見ていました。

曲の途中で、突如ヘルメットを被った全身タイツのバックダンサーがたくさん出てきて、衣装からネオンの光を発していました。

この動画(紅白なかった)では1:10-くらいから出てきます。

 

皆さん、「EDMとヘルメット」という組み合わせと言えばある2人組を思い出しませんか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

f:id:debriel:20170307234446j:plain

ダフトパンクやないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!111111111

 

そしてその衣装の光の具合・・・

 

f:id:debriel:20110112173649j:plain

 

トロン:レガシーやないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11

 

ダフトパンクとトロンをパク・・・「オマージュ」した衣装の人が大量に出てきてEDMに合わせて踊ったら面白くないわけないでしょ。爆笑した。

 

 

EXILEグループ(三代目)は「Welcome to TOKYO」という曲をリリースして、どう考えてもオリンピックの開会式などに出る気でいるとしか思えません。

 

現在、EXILEグループはジャニーズに次ぐ、日本で一番人気のある男性グループであると言っても過言ではないと思いますし、「日本を代表する」という紹介をされることもあると思います。

だったらこういう「欧米の良いところを上辺だけパクる」のではなくて、五輪の式典の音楽を担当している椎名林檎のように、「日本文化の良さ」と「欧米文化の良さ」を上手く融合した音楽や衣装をプロデュースしてほしいと思いました。

 

(この曲は特別だけどね)

 

おわり

 

 

有名CDショップでバイトしている僕の「売れて欲しいバンド 10組」

こんにちはdebrielです。 ファッキン就活始まりましたね。ファッキン頑張りたいと思うのでファッキンお願いします。

 

いつも他人の記事に影響されて書いたりするのダサいんですが、

kai-you.net

という記事を読みました。

確かに売れそうでカッコいいバンドばかりなのですが、どのバンドもオシャレで洗練されすぎている気がして(ルックスについての言及大杉)...

みたいなことをブコメに書いたらスターをめっちゃもらったので、便乗して書きたいと思います。

 

今回はCDショップでバイトしている僕(去年の12月からだけどな!)が、ちょくちょくチェックしたり、ライブに行っているインディーズのバンドで

流行りそう!&流行ってほしい! 

日本のバンドを10組、紹介したいと思います。

 

・CHAI

愛知県出身の4人組ガールズバンド、CHAIです!   (chayという女性シンガーソングライターもいますが別物)

まず言っておきたいのが、CHAI!いまの日本では数少ない本物のオルタナティブロック・バンドなんです。

まあ、とにかく曲を聴いてくれ!!

 

 

ヤバくないですか…?まず歌詞がぶっ飛びすぎて圧倒される。そしてビジュアル。ビビッド感。 に加え、楽器隊の演奏力やオリジナリティが高い!さらにファンキー!

今の日本のシーンで特にユニークな存在のバンドであると思います。

今年か来年くらいにはバズると思います!いや、バズってくれ!応援してます。

 

・teto

2016年(!)埼玉で結成の4人組バンド。

 

 

結成したばかりで、ライブもまだ見たことがないので詳しいことは書けないのですが、NOT WONKと並ぶ「ビビッときた」バンドです。しかも日本語!

こちらはより90年代のインディーロックに影響を受けたサウンドですね(Sonic youthのサンプリングもしてるし)。

サウンドも歌詞も最高です。今度ライブ行くので楽しみ!売れろ!!!!!!!!

 

 

・NOT WONK

北海道出身3ピースバンド!NOT WONK! 元銀杏BOYZのアビちゃんのkilikilivillaというレーベルからCD出してます。

久々にド直球なギターロックバンドが出てきたな、という印象です。

この手のギターロックバンドって、一回聴いていいや、ということが多かったりもするのですが、彼らはそういうものをぶっ飛ばす「マジック」を持っていると感じました。ビビッときた。

 

 

カッコよくないですか!?

パンキッシュで、メロディアスだけどメロコアまでは行かない。SuperchunkやMega city fourに強い影響を受けたバンドだそうで、こういうバンド求めてた!!っていう人絶対いる。

エルレとは違うけど、全盛期のエルレくらいの位置まで行ってほしい!それくらいのポテンシャルがこのバンドにはあると思います。

 

・クリトリック・リス

大本命、クリトリック・リス。

 

知らない方に説明すると、

2006年、広告代理店の部長だったVo.スギムが、行きつけのバーの友人と同名のバンドを結成。しかし、ライブ当日にメンバー全員ドタキャン。

ムリヤリ空けた穴を埋めるために、泥酔してパンツ一丁にドラムマシーンを鳴らしながら日々の不満をがなるというスタイルが好評となり次々とオファーが。そして曲作りを始め、2012年に脱サラなどを経て、現在に至る。

という異色の経歴なんです。

曲を聴いてみましょう。

 

 

なんか笑えて泣けるんですよね。クリトリックリスのライブって。

他の人は知らないですが、僕は「40過ぎたオッサンがパンツ一丁で…哀れだな」のような思いはなく、とにかくカッコいい最高のロックスターだと思ってます。俗世に最も近いロックスター(笑)

トラックもポストパンク的なところがあって、ポップかつチープなサウンドで面白い。世界中探してもこんな人いないと思います。

 

 

・TENDOUJI

2014年に中学の同級生同士で結成したバンド、テンドウジ!

名前とは裏腹に英語詞のインディーロックバンド。

 


インディーとかも通り越して60年代のにおいも感じる。クリーンサウンドだけどロックンロールを感じますね。ボーカルがツインボーカルで、それもまた面白いところ。

こういうテクニック重視じゃない、楽曲強度の強いバンド大好きなんですよね。

 

ライブもすごく良かった! この手のバンドのズルいところなんですけど、CDで聴くとペラペラのクリーンな音なのにライブだと結構歪ませてる!?音作りになりがちですよね(もちろん良い意味で!)

 

・ナードマグネット

 大阪で結成された4人組!地味にバズリズムというTV番組の「2017年売れるランキング」20位に入ってた。売れそう。

 


分かる人は1発で分かると思うんですが、Weezerなどにモロ影響を受けたパワーポップサウンド!!!!! 音作りが素晴らしい。

さらに須田さんの書く「ナード(いわゆる陰キャラとかモテないやつ)」らしい歌詞とメロディが最高!特にメロディは素晴らしいのばっかりです。ついでにもう1曲。

 

 

もう!!!!甘酸っぱいかよ!?!?

本当に素晴らしいバンドなので是非。ライブも最高でした。

 

・skillkills

2011年に結成された3人組バンド。

はじめて知ったのがアニメ「ニンジャスレイヤー」のEDでした。

 

 

はじめて聴いたときなんだこれは!?ってなりました。意味わからん。

ビートが特徴的なビートで、さらにその上に鳴る金属の不協和音。2つのリズムは合ってないのに謎のグルーヴが発生していて、その上に乗る日本語ラップ・・・。

よく用いられる「変態」の一言では片づけられないです。マジでカッコいい。

 

・Helsinki Lamda Club 

このブログでも何度も紹介しているヘルシンキ

 


ヘルシンキストロークスリバティーンズをはじめとする00年代のロックンロールリヴァイバルのサウンドに強く影響されていると思われます。

メロディやリフもユニークなところがあったり、歌詞に毒があったりするけど、すっきりまとめられる非常に器用かつロックバンドらしいバンドです!

この「ユアンと踊れ」なんか「テレキャスター変拍子死ね死ね死ね!!」なんて歌ってます。ライブも良かった。

 

・The Wisley Brothers

3人組ガールズバンド、ワイズリーブラザーズ!

次売れるガールズバンドはこの人たちじゃないかとにらんでます。

 


良い!!!ナチュラルな感じで、メロディもトラックもすごく好き。

何より歌詞が面白いというか、特徴的で。去年出した「シーサイド81」というアルバムの「八百屋」という曲がすごく好きなので歌詞を引用します。

 

スイカの種は今ごろ心の中で発芽して

次の季節でわたしは八百屋をひらいて

「あなたのせいよ」とお次に問いだしたときには

あの長方形の空は弾みをきかせる

ってどういうこと!?でもすごく素敵なフレーズ。歌声もGood!

本当にいいのでみんな聴いてくれ~~~~

 

 

踊ってばかりの国

 2008年神戸で結成の4人組バンド。中堅。

 

 

この曲聴いたとき1発でヤられました。サイケデリックでロックンロール。そして歌詞も日本語でシニカル。ほかの曲では政治的なメッセージもある。素晴らしい。

いまの日本でも特にロックンロール・バンドらしい、といいますか。Vo.下津さんは僕のロックスターです。

 

 なんで今更踊ってばかりの国?と思われた方もいるかもしれませんが、去年長年Gt.を務めていた林くんが脱退。後任に元ドレスコーズの丸山氏が加入しました。

丸山氏のギターもかなり特徴的で、ドレスコーズ時代は何度もシビれさせられました。この加入がどうなるか期待!

 

 

と10組紹介しました!

僕の働いてる某CDショップの店舗はJpopやKpop推しが非常に強くてロックをあまり推せないのですが、それでも何とか頑張ります!!

 

どのバンドもめちゃくちゃカッコよくてPOPなのに人気でないの何で・・・?って気持ちが強くて僕をブログに向かわせてます。

またカッコいいバンドいたら教えてください!

あと良かったらブクマやTwitterでの拡散お願いします!!!

 

おわり

 

最近のロックバンドのライブで違和感を感じていること

こんばんはdebrielです。今回は超個人的でエゴな記事を書きます。

最初に書いておきますが、ライブの楽しみ方なんて各々が勝手にやればいいだけで、矛盾しているようですが、「そういうことをするな!」と書くつもりは全く無いです。

 

 

最近レコーダーのHDDを整理していると去年の春に行われたロックフェスの特番を見忘れていたことに気づき、消費しようと流し見程度に見ていました。

そこですごい違和感を覚えたんですよね。

それが

「オーディエンスがみんな同じ動きをしている」

ところでした。

 

「みんな同じ動き」って具体的にどんなの?と思われたかもしれないので説明すると、

みんな同じタイミングで手を挙げたり、手を挙げる動きも同じような動き(グッパー?)ツーステップと呼ばれる動きをしたり、どや顔でダイブ(他のお客さんの上に乗っかる)したり・・・。

前々から???に思っていたのでここで僕が思っているところを書きたいと思います。

 

 

まずライブって「自由であるべき」と僕は思っています。

何をしたって良いというか、ある程度人に迷惑をかけない範囲で客たちは何をやったっていいと思うんですよ。モッシュしたり、声出したり、踊ったり。

なので、もちろん上記のような画一的に見える動きをしていたって当たり前のように良いのですが、さっきのフェスの特番を見たりり、自分がフェスやライブに行ったりして思ったのが

「それまわりのノリに合わせてやってない?」

ということなのです。

そういう人たちのインタビューを見たりしても、結局他の客と合わせてるように見えるというか、「ライブを見に来ている」ことと同じくらい、「一体感を楽しむためにやりに来ている」のが強いような気がするのです。

例えば特番であるバンドに対して客の女の子がコメントで、「手拍子を入れるところがあって、それをみんなとやるのが楽しい」とを言ってました。

これって言ってしまうと「カラオケ」に近い感じがします。

カラオケに仲のいい複数人と行くときって、「歌を歌う」のに加え、タンバリン叩いたり、合いの手を入れたり、デュエットしたり みんなで一緒に盛り上がるという「一体感を味わう」部分もかなり強いですよね?むしろ後者のためにカラオケに行く人もいるかと思います。

それと同じように「一体感」が今のある一定層の若いバンドのファンでは求められているように思います。

一定層と言いますが、現在はこういうバンド、ファンがメインストリームです。

 

加えて、フェス文化が盛り上がるにつれて、「ライブのイベント化」が進んでいると思っています。

ここでいう「イベント」とは、「ライブ」とは別のお祭り(それこそフェスティバル)のようなものとします。

つまり「ライブ」が今までの「ライブ」じゃなくなってきていると思ってます。(な… 何を言っているのか わからねーと思うが(ry)

それを僕が思った理由として、Twitterなどでライブの感想を見ていると若いバンドのファンほど「楽しい」という言葉がかなり見られるんですよね。

その一方で「カッコ良かった」という言葉は、そういった若いバンドのファンからはあまり見受けられない。

僕はロックスターが大好きで、高校のころにはThe Birthdayピロウズ毛皮のマリーズを見てうおーーーー!!!カッケーーーー!!って思ってました。 いやもちろんライブって楽しいけど!!

ロックスター不在の時代と最近言われているのは、そういう「カッコいい」よりも「楽しい」が求められているからなのかもしれません。

 

そしてそういった若いバンドたちが人気を求めてなのか、盛り上げるためなのか、良い意味で言うなら「エンターテイメント性」を求め、悪い意味で「媚」を売るようになったんですね。

例えば最近のKEYTALKなんかはまさにそう。


みんな大好き高速四つ打ち裏打ち+Bメロでダンダダン フォー(名前わからん)+サビで振付やシンガロングしやすい むしろこれは完全に祭り化を目指している。

 

キュウソネコカミなんかは客の上にビート板乗せて「筋斗雲じゃー!!!」とダイブしたりしてます。ライブで見て普通に笑っちゃった。

 

別にこの音楽が良いとか悪いとか言う訳ではないんですが、これがメインストリームになっちゃうと面白いことやってるけどわかりにくいようなインディーズのバンドが出にくくなったりするんじゃないか危惧しています。もう十分メインストリームなんですけどね。

 

ロック(ライブ)って普段のストレスを忘れて、踊れるし暴れられるし一人で悶えられるし。もちろんみんなと同じ動きをして一体感も求められるしね。けどロック=「楽しさ」ではないと思うんですよね。

もっとそれ以上の何かがあるというか。このままだとただただ気持ちよければ良いものになってしまう気がします。

ダイブとかも、「今日どの曲でダイブしようかな~」って言ってる人がいましたが、そんなダイブほどつまらないものもない。

はじめてライブを見に来た高校生が居ても立っても居られなくなってやるダイブこそ一番美しいと思います。(自由にやれとか言っておいて文句つけてますねスミマセン...)

 

音楽って自分勝手な踊りをしてこそ、だと僕は思ってるんです。

少し前に星野源ブルーノ・マーズが対談しているのを見たのですが、お互いダンスミュージックをやっている者同士ということで、星野源

「日本人は(恋ダンスのような)決まった踊りをするのは得意なのですが、自分の踊り方で自由に踊ることは苦手で。どうしたら良いですかね?」とブルーノに質問していて、

ブルーノは

「リズムによって体が自然に動いてしまうものだ。原始人が火のまわりに集まって踊っているようなイメージさ。」と言っていたのがすごく印象的でした。

勝手に自由に踊りまくることが僕は一番だと思います。

もちろん最初に書いた通り、極力人に迷惑をかけない範囲で! おわり

 

 

フェスに行ってみたいならまず『森、道、市場』へ行け!!

こんにちはdebrielです。みなさんお元気でしたか。

 

 タイトルで大口叩きましたが無視してください。

今回紹介したいのは毎年5月中旬、GW翌週に行われる「森、道、市場」というイベントです。通称「森道」。

最初に言っちゃうとめっちゃ楽しいです。何もない愛知の楽園です。

ぶっちゃけると人に言いすぎるとヤバイ人が来ちゃいそうなのであんまり紹介したくないんですが、知らない人も割と多そうでもったいないな と思ったので紹介します。

 

どんなイベント?って話ですが、いわゆるロックフェスです。フェ↑ス↑です。

このフェスは他のフェスと違う個性的な点が多くて、加えてかなり初心者向けのフェスであると(個人的に)思います。ので、そういう初心者おすすめポイントを含めて紹介していきたいと思います。

 

(去年の動画も要チェケラ)

 

・会場、アクセス

愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボスが会場になっています。

そう、愛知県民ならお馴染みの遊園地、「ラグナシア」があるあそこです。

そこの「ラグーナビーチ」と呼ばれる海辺で、2つのステージで朝から夜までライブが2日間行われます。

会場ですが5月の海辺なので気温がかなり丁度いい!!! 山と違って雨の心配もそこまでないです。

アクセスも、新幹線も通り高速バスも多い「豊橋駅」からJRで10分の「蒲郡駅」へ。そこから臨時バスで15分で会場に着くみたいです。近!楽!

なのでフジロックみたいな重装備の必要もなくて、Tシャツに薄い上着くらいの軽装で行けますし、豊橋に帰って泊まったりできるので便利です。(初心者おすすめポイント)

自然を味わえるのに加えてアクセスが非常に良いのがかなり魅力的です。

 

さらに!!!

今年(2017年)からビーチだけじゃなくて先述の遊園地「ラグナシア」まで会場が広がることに!(地図上部がラグナシア)

f:id:debriel:20170219201305j:plain

ジェットコースターも乗り放題だぜ・・・! 

ステージも6つに増え、出演者も80組を超えるそう。

キャンプもできるよ!(キャンプチケット必要)

 

・市場

このフェスの最大の魅力と言っていいかもしれません。

「森、道、市場」ということで、このフェスには市場があります。(森はどこにあるんでしょうか)

フェスによくある、フェス実行委員が運営しているお祭りの出店みたいなものではなく、実際に全国各地のお店が森道に出店しに来ているのです!

例えばレストラン本格的で美味しいごはんはもちろんのこと、自家製サングリアや、オリジナルのハーブを使ったモヒート。さらにこだわりのクラフトビールなどのドリンク!

スポンサーを務める企業のビールしか飲めない!なんてことはありません。

 

他には古着屋がおすすめの古着を実店舗から持ってきたり、雑貨屋さん、小さい靴工房レコード屋などなど。一番ビックリしたのが美容院!ステージ真裏で500円だかで前髪カットやってました(笑)

本当にいろんな店があって、バンドの合間の空き時間も退屈せずに過ごせます!ついついお金使っちゃいます。(初心者おすすめポイント)

むしろ音楽興味なくてこれ目当ての人もたくさんいる筈・・・。

 

・音楽

音楽ですね、いくらアクセス良くて会場も素晴らしくて市場があっても音楽が微妙だったら・・・なんて思いますよね?

とりあえず例として2015年のラインナップを見てみましょう。

<5/8(金)>
toe / THE MICETEETH / JUN "JxJx" SAITO(YOUR SONG IS GOOD) /
john*, Tim Scanlan, トシバウロン,野口明生+tricolor

<5/9(土)>
スチャダラパー / clammbon / ドレスコーズ / 口口口(クチロロ) / OGRE YOU ASSHOLE /
tofubeats / 青葉市子 /奇妙礼太郎 / Predawn / SIMI LAB / kz(livetune) / オオルタイチ /
Avec Avec /tricolor / 水中、それは苦しい / yojikとwanda / テト・ペッテンソン

<5/10(日)>
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC / cero / サニーデイ・サービス / Polaris / 砂原良徳 /
ハンバート ハンバート / KIMONOS / ジム・オルーク /group_inou / DJやけのはら 

/ALTZ / HARCO / ザッハトルテ / タテタカコ / T.V.not january / てあしくちびる

2015年、最高でした。めっちゃよかった。

ceroにスチャダラ、オウガ、クチロロ、スペアザ、サニーデイポラリス...etcって!

いわゆる最近の「シティポップ」と呼ばれるバンドと、そのルーツとなったようなバンドが多いです。言っちゃうとオシャレ系。

 

愛知県・名古屋フェス事情を話すと、TREASURE05xやフリーダム、最近だとヨンフェスなんかもありますが、若いラウド系のバンドが多いんですよね。

 

森道に出るような(というかブッキングされる)アーティストって、上記の市場のこともあると思うんですが、知らなくても楽しめる・ノれる 横ノリ系のアーティストが圧倒的に多い。

 


なので「このバンド知らんけど・・・」という人でも楽しめる(と私は思う)!(そして初心者おすすめポイント) 好みに合わなかったら浜辺で酒飲んで寝転んでればいいです。

 

今年のラインナップは現段階(第3弾)ですが

<5/13(土)>
KIRINJI / Gotch & The Good New Times / ストレイテナー / ZAZEN BOYS / ペトロールズ / TOWA TEI / POLYSICS / bonobos / cinema staff / bird / MURO / tricot / never young beach / TeddyLoid / 吾妻光良トリオ+1 / サイプレス上野とロベルト吉野 / John John Festival / mabanua (minimal set) / 呂布カルマ / 掟ポルシェ / SEX山口 / 水中、それは苦しい / shhhhh / MILK / and more…


<5/14(日)>
clammbon / チャットモンチー / cero / 大友良英スペシャルビッグバンド / 中村一義 / ハンバート ハンバート / THA BLUE HERB / フレデリック / ART-SCHOOL / sumika[camp session] / EYE / 青葉市子×detune. / 東京カランコロン / 岸野雄一 / Shiggy Jr. / DONUTS DISCO DELUXE(ANI+ロボ宙AFRA) / ミツメ / seiho / 知久寿焼 / ENJOY MUSIC CLUB / 溺れたエビ! / SOUR / ホナガヨウコ企画 / and more...

うん、ヤバイ!この時点で大満足!これであと2弾追加されるみたいなんで期待しかない。

 

・チケット

ということで初心者向けのフェスだのなんだのって言ってきましたが、薄々皆さん思ってるんじゃないでしょうか。

「どうせチケット高いんでしょ・・・?遊園地も行けるし・・・。」と。

鋭いですね。ロックフェスって結構チケット高いんですよね。

日本三大ロックフェスと呼ばれ、邦楽アーティストがメインのRock in japanで1日13000円。10-FEETが主催している、規模もまだ小さい京都大作戦も5980円です。

 

考えてみましょう。

まず遊園地ラグナシアの入園料が一日4100円です。

そして比較対象として、森道市場と比較的ブッキングが似ている福岡のフェス「Circle」の1日のチケットが6900円です。

なので単純計算すると1日11000円。2日間で割引あっても20000円前後だと思います。

 

はい、では正解(森道市場の1日分のチケット代)は...

 

2600円

 

 

2600円

 

消費者 なめてませんか?

 2日通し券も5200円です。なめてやがる。一番の初心者おすすめポイントですね。

とはいってもこれは※早割※のときの価格で、一般発売中の現在では1日3000円、2日5800円となってます。十分クソ安いけどね。

 

僕の友達のバンドマンが「そりゃこんなフェスが2600円で見れるなら誰も俺らのライブ来ないわ・・・」とつぶやいてました。

出店料とかで賄ってる部分も多いと思いますが、いくら何でも安すぎます。なので教えたくなかったんです・・・ハイ。

 

アクセス良好、自然がいっぱい、ご飯もお酒も美味しい、お店がいっぱい、音楽が最高、これが2日間で6000円!!!!!!

本当に初心者にオススメなんですよ。大変なことがないというか。フェス女子なんて人も大歓迎です。

ぜひフェス行ってみたいな!とか、音楽の幅広げたい!なんて人に行ってもらいたいです!もちろんマナーだけは守ってね。

 

おわり

 

 

ネットの音楽オタクに選ばれなかったけど僕の心のベストアルバム紹介するよ

あけましておめでとうございます。デブリエルです。

今年はブログたくさん更新していきたいと思っていますがおそらくしない気がします。

 

今回はネットの音楽オタクに選ばれなかった2016年個人的ベストアルバムなんてタイトルをつけちゃいました。ごめんなさい。

 

というのも、先日、毎年楽しみにしている

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

(音楽だいすきクラブさん集計お疲れ様です!!!!)

 の記事を見て「意外とこれランキング高いな」とか「納得のトップ10だな」とか思ったりしたのですが、

このアルバム、良かったのに無い!と何度か思ったので、個人的に去年よく聞いたランクインしていない日本のアルバムを紹介したいと思いますはい。

(洋楽は聴いたアルバムがほとんどランクインしていたので邦楽オンリーとなります。

また順番は基本的にランキングでも何でもないです、全部おすすめ!)

 

 

(アーティスト名 / アルバム名)

おとぎ話 / ISLAY

 f:id:debriel:20170128204446j:plain

youtu.be

itun.es

僕が個人的に爆裂プッシュしている「おとぎ話」の8枚目のアルバム。

名前は聞いたことあるけど実際に聴いたことある人が少ないor昔少し聞いたけど...って人が多い印象ですが、昔に比べてライブも音源もかなり洗練されました。

特に去年の15周年ごろから名盤「Culture Club」のリリース、「溺れるナイフ」をはじめとした映画・舞台への楽曲提供、ネバヤン・ヨギー・ヘルシンキ踊ってばかりの国などの売れっ子後輩バンドからのライブのお誘いがあったりと大活躍してます。

その新譜は前作「Cuture Club」の流れを敢えてくまないような(割と)自由な作風となっています。スルメ曲多し。

Youtubeのリンクに載せた「JEALOUS LOVE」はイントロで「ブ〇ーのボーイズ〇ガールか・・・?」と思いがちですが、メロディアスでどことなく昭和っぽいダンスロックナンバーとなっています。

アルバムにはこういう曲から、ロックンロール・バラード・プログレ・ポップなどに影響を受けた曲が並びます。ぜひ聴いてみてください。売れろ!

 

The Wisley Brothers / シーサイド81

f:id:debriel:20160603182828j:plain

www.youtube.com

itun.es

 3ピースのガールズバンド。最近ガールズバンドがよく売れてますが、次に来るバンドはこのバンドだと思ったりしています。

SHISHAMOとか、最近出てきたリーガルリリーなんかもですが、ガールズバンドで売れてるバンドは自分たちの好き勝手なことやってて売れてる印象です(もちろん誉め言葉)。その分センスが良いことが必須条件で、このバンドも例に洩れずセンスが良いです。特にメロと声が良い。

今作は前作「ファミリー・ミニアルバム」の牧歌的でガーリーな印象とは少し違ってインディー感と言いましょうか(バカなので言い表せられない)、ロックバンド然・洗練されている気がします。

フルアルバム聞いてみたい、ライブに行きたいバンド!

 

CHAI / ほったらかシリーズ

f:id:debriel:20170128204439j:plain

www.youtube.com

itun.es

個人的に去年聴いたどのアルバムよりも衝撃的だった1枚です。

chayというシンガーソングライターもいますが、そうではなく4人組の愛知県出身ガールズバンド。

彼女たちのプロフィールが大好きなので引用させてください。

世界3位になる、ニュー・エキサイト・オンナバンド(NEO)のCHAI

新しい価値観『NEOかわいい』で今までの「カワイイ」の価値観を覆し、

CHAIは無敵の世界3位になるよ。

って意味不明で最高じゃないですか???

彼女たちのジャンルを聞かれてなんと言えばいいのか分からないのですが、「ファンク」に近いと思います。演奏は上手くてファンキーなのですが、歌はもうある種電波ソングと言いますか。ファンキー電波。めっちゃ転調するし。声可愛いし。はじめて聞いたとき頭ぶっ飛ぶかと思いました。オリジナリティの塊。

 

ライブもすごく良かった。

ヴィジュアル面で言えば確かに......ですが、もうなんかカワイイんですよ。NEOかわいいんですよ・・・。彼女たちもネクストブレイクしそう!してくれ!

 

Have a Nice Day! / The Manual (How To Sell My Shit)

f:id:debriel:20170128204448j:plain

www.youtube.com

itun.es

Apple Musicになかったのでベストアルバムを...)

今一番ライブがアツいと個人的に噂になってるハバナイ! 「テレクラキャノンボール」などで有名なAV会社「ハマジム」によって彼らのドキュメンタリーが作られたので知ってる方も多いかもしれません。

ロックンロールにロマンスとドリームを取り戻す

なんてことを掲げている彼らは、なんといってもライブが最高。

僕は近年のフェスで見られる「客がみんなで同じように腕挙げてダイブしてサークルして...」というのが大嫌いで、Fugaziのライブ映像とかで見られるような「各々勝手に踊り狂ってる」というのが理想なんですよね。先日見たハバナイのライブは本当にそんな感じで、みんな踊り狂ってシンガロングしててとにかく最高でした。

そんなライブが素晴らしいハバナイですが、音源はどうかっていうと音源も良いんですよね。踊れるし、カッコいいし。このアルバムもキラーチューン満載です。ラブシュープリーム最高すぎる。

LCDサウンドシステムとかNew Order好きにオススメです。

 

Taiko Super Kicks / Many Shapes

f:id:debriel:20160608194700j:plain

www.youtube.com

itun.es

このバンド名を見て「ATARI TEENAGE RIOT」を思い出したのは自分だけじゃないはず...全然関係ないけど!!!!!!!!!!!

このバンドはとにかくメロが最高ですね。いわゆる最近のシティポップに分類されそうな気もするんですが、USインディーロック感があって個人的に大好きです。はじめて聞いたときミツメっぽさも感じました。

このアルバムは2015年年末に発売したので、2015年のランキングにも2016年のランキングにも入ってなかった。その理由でスルーした人も絶対いると思うけどすごくもったいないと思うアルバム。

 

Helsinki Lamda Club / ME to ME

f:id:debriel:20170128204442j:plain

www.youtube.com

itun.es

おとぎ話に並んで個人的にかなり推してるバンドです。ヘルシンキ

このバンドを聞いて「音楽めっちゃ好きなんだろうな」って感じるような素敵で、ひねくれギターロックバンド。 今作はアナログフィッシュのGt下岡氏プロデュースによる一作で、「ニューオルタナティブ」をテーマにしたそう。

サウンドはストロークスリバティーンズを代表とする2000年代のロックンロールリバイバル世代に近いものがあるんだけど、ちゃんとオリジナリティもある。メロもリフも良い。そしてロックバンドに欠かせないひねくれてる部分も持ち合わせてる。

たぶん心の中で今のバンドシーンに中指立ててる気がする、そんなバンドです。大好き!ライブもかっこよかった!

 

MOROHA / MOROHA3

f:id:debriel:20170128204444j:plain

www.youtube.com

itun.es

ギターとMCの2人という異色のラップユニット。MOROHA。

ラップっていうとヒップホップが思い浮かべられると思うのですが、彼らは僕の中で「フォーク」とか「ブルース」の人たちです。

言葉がとにかく突き刺さる。学校帰り、仕事帰りでクタクタな時に電車とかで聴くと泣けます。

このtomorrowっても最高なのですが(向井秀徳氏が絶賛していた)、アルバムの最後に収録されている四文銭という曲を聴いたときに震えました。

スピーカー!イヤホン!ヘッドホンの向こう側で「チャンスが無え」なんて嘆いてるお前へ

チャンスを掴むためのチャンスを最後に手渡すぜ 今すぐプレイヤーの停止ボタンを押して お前は お前のやるべきことをやるんだ!

音楽の中に答えはない! 音楽は誰の明日にもなれない!

それでもお前の明日への足場になれると信じてここまで俺たちは歌った!

こんな歌詞カードにも書いてない言葉を書くのも野暮ですが、その当時すごく悩んでクヨクヨしていたときにこの言葉が流れ込んできて、すごく奮い立たせてもらいました。

ただの応援ソングじゃない。ぜひライブにも行ってみたい!

 

Magic, Drums & Love / Love De Lux

f:id:debriel:20170128204443j:plain

www.youtube.com

itun.es

住所不定無職の3人と撃鉄の田代タツヤ氏とWhite Fire Shirohi氏が立ち上げたバンド、マジドラの1stです。

住所不定無職というバンドは初期はビートルズaikoをモチーフにした曲があったりとポップでロックンロールな街道突っ走っていたのですが、

現時点で最後のアルバムで突然のファンク、ジャズなどの要素を取り入れ、その部分をさらに深めたのがこのバンド。

このバンドは住所不定無職からのとにかくPOPでロックという姿勢は崩さずに、前述のジャズやファンクといったダンスミュージックを上手く取り入れてる!踊れてカッコかわいいのだ。

これだけ聞くと最近のシティポップ系のバンドかな?なんて思われるかもしれませんが、僕の中では「渋谷系」です。これはさすがにランクインしてると思ってましたが・・・涙。

 

DENIMS / iggy&pops

f:id:debriel:20170128204440p:plain

www.youtube.com

itun.es

デニムス!

彼らも上記のヘルシンキのような2000年代ロックンロールリバイバル世代の音です。すごく小気味いいバンドでグッときました。ヘルシンキよりもモダンな感じといいますか、シティな感じがします。

アルバムタイトルはイギーポップですが全然違って、むしろジャケ写のイメージ通りの音。歌詞もギターワークも素敵です。

今度ライブ行く予定でたのしみです!

 

THE DIDITITS / TEENAGE PUNK LOVE

f:id:debriel:20170128204441j:plain

www.youtube.com

 

(AppleMusicに1枚もないのでタワレコなどでお求めください...)

最後はディディティッツ。このほかのバンドに比べて圧倒的に知名度が低いと思いますが、90、00年代のバンドPENPALSの元ベースのハヤシムネマサ氏がやっている と言うと おっ となるかもしれません!

ペンパルズ好きなので完全にツボ。ジャケから分かる通り、ティーンエイジファンクラブからの影響もあるのかメロディも超Goodでした。そして演奏もカッコいい。決して古くないけど、現代のシーンでは懐かしさも感じる素晴らしい曲ばかりでサイコーだ!

 

と、いうわけで10枚紹介しました。

久々にブログ書くとめっちゃ疲れますね。でも本当に聴いてほしいバンド、アルバムばかりなのでぜひ聴いてほしいです!売れろ!!!!!!!!

(めっちゃどうでもいいですけど、インディーズのバンドとかで売れてほしくない!とか願う傲慢なファンが大嫌いです。売れて売れて売れまくってほしい!!)

 

最後にボーナスとして去年よく聴いた邦楽シングルと、最初に邦楽だけとか書いたのに洋楽アルバムを紹介したいと思います。

 

OKAMOTO'S / Brother

f:id:debriel:20170128204445j:plain

www.youtube.com

itun.es

大人気ハマオカモトくんでおなじみのオカモトズの去年のシングルで、Netflixのドラマ「火花」の主題歌にもなった曲です。

この曲は本当にすごい、はじめて聞いたときチビりました。

イントロのカッティングからカッコいいし、そのあとのサビ!みんなでシンガロングすると思いきやマイナーなノリに転調してラップ。そこでのメンバーの演奏が冴えまくる!そしてサビ行って...構成すげえ!

ライブで聴いた時も超カッコよかった。痺れた。

オカモトズはライブはすごいけど音源で聴くと微妙 なんて声を僕の周り人が言っていて、個人的にそういうイメージがあったのですが完全に覆されました。こんな曲作れるバンド日本にいないんじゃない?って思ったりも。サイコー!

 

Vulfpeck / The Beautiful Game

f:id:debriel:20170128215039j:plain

www.youtube.com

itun.es

最後は僕がよく聴いた洋楽アルバムということでVulfpeckです。

まだ国内盤が未発売なのですが、3月くらいに出るらしいです(僕はApple Musicで聴きました)

LAの黒人白人混合ファンクバンドでインストと歌あり両方あって、そのどちらもファンキーで踊れます。歌モノのファンクとかR&B(マルーン5とか)って好きじゃないことが多いのですが、このバンドは絶妙でその辺がうまい!あとモダンだけどファンキー(いい意味で泥臭い)音作りが最高ですね。

さらにバンド自体もすごく面白くて、定額音楽サイトのSportifyに、ファンが寝ている間に聴いてくれれば という理由ですごく短い無音のアルバムを公開。その結果として2万ドル稼いだり、このYoutubeの動画も日本で発売されてないのに「オフィシャル」というカタカナが使われてたり(MVもファットボーイスリムのPraise Youを彷彿と..させない?)とユニーク!日本きたら絶対ライブ行く!

 

 

という、12枚紹介しました!

ぜひ聞いてみてください!!!!

 

Apple Musicで"全部"聴けるおすすめ日本の現役バンド15組

音楽

どうもこんにちは。Debrielです。
僕は音楽大好きで暇なときはずーーーーっと音楽を聴いてます。

今まではWalkmanを使って音楽を聴いていたのですが、4万で買った最新機が2年も持たずにまさかの故障。
その結果iPhoneで音楽を聴くようになり、

そのままApple Musicに加入し、もうApple Musicなしでは生きられない人間に!

 

Apple Musicは月額980円でいろんなアーティストの音楽が聴き放題になる!というサービスで、国内外さまざまなアーティストの曲があります。
アルバムからシングルまで全曲聴けるバンドがいる一方、レーベルの都合やアーティストの意向で1曲も配信されてなかったり、アルバム2,3枚だけの配信なんてことが多々あります、、


僕が気付いたApple Musicの一番の利点は
「アーティストのいろんなアルバムを聴き比べられる」
という点です。
しかし、たまに微妙なアルバムしかないアーティストもいます、、

なのでApple Musicで(ほぼ)全曲聴けて!!現役の!!オススメのアーティスト&アルバムを紹介していきたいと思います。
(五十音順)

 

目次

Analogfish


1組目、アナログフィッシュ最高です。ここ最近 もう!はやくみんな聴け!!状態が続いてます。
初期は変化球でありつつも王道なロックンロールバンドでしたが、近年では社会的なメッセージを発したり、エレクトロな雰囲気を取り入れたり近年のシティポップブームっぽさもあります。

いま日本でもとくにセンスの良いバンドだと思ってます。
社会的なメッセージを発しつつもそういった中の日常に寄り添った歌が素晴らしい。

 

・シンプルなロックンロールが好きな人

KISS

アナログフィッシュの「KISS」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/K-phR

Life goes on

Analogfishの「Life Goes On」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/Ef2yE

 

・近年のシティポップやエレクトロ寄りが好きな人

Almost A rainbow

Analogfishの「Life Goes On」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/Ef2yE


最近のぼくら

 Analogfishの「最近のぼくら」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/3-UX2

 

 

OGRE YOU ASSHOLE


日本のインディーロック界の雄、オウガユーアスホール。
「モデストゥマウスのライブでサインを求めた時に書かれた落書きをバンド名にした」 というエピソードの通り、USのオルタナティブに強い影響を受けているバンド。

初期はポップでサイケデリックな楽曲が多いけれど、近年は、、もうなんて言ったらいいかわかんねえ!!


ライブ見ると凄いです。CDに入ってる原曲をアレンジして、同じリフを何度も繰り返す、ミニマルでメロウで轟音。音がデカいし歪んでるんだけど寝られるくらい心地よいです。ぜひ疲れてない時に見ましょう。


・メジャー1st。この頃は非常にポップな曲が多く、リフが特徴的。よく口ずさみたくなる。

アルファベータvs.ラムダ

OGRE YOU ASSHOLEの「アルファベータ vs.ラムダ」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/ZJUXp

 

・最新作。サイケでメロウで。酒飲みながら聴くとトリップできるぞ!

ペーパークラフト

OGRE YOU ASSHOLEの「ペーパークラフト」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/Xk662

 

 

・ライブ盤。アレンジのクセがすごい!音源も最高だけれどオウガがライブバンドである所以が分かる。
(とくにメジャー1stに入ってる「フラッグ」を比べてみてほしい。)

workshop

OGRE YOU ASSHOLEの「workshop」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/jsdN7

 

 

おとぎ話


おとぎ話。僕が今一番好きなバンドでもあります。
ここから先に「ポップでロック」という僕の好みを表す単語が何度も飛び出てくると思うのですが、その象徴とも言えるバンド。

とにかくポップで、何より本当にロックンロールが好きなんだろうな と感じさせるバンドです。 けどVo.の有馬氏のプログレ、メタル好きだというひねくれた部分も上手く反映されており、聴いていて非常に気持ちいい。

 

結成から16年、どうやら今が一番ライブの動員があるみたいで嬉しい。みんなライブ行け〜。
(一時期インディーズレーベルに行くのでその時の2枚だけApple Musicないです、、涙)

 

・まだ若々しい、初期衝動的なメジャー2nd

理由なき反抗

おとぎ話の「理由なき反抗」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/V1GBr

 

・おとぎ話もついにここまで来たかと言える最新作(2015年の名盤100選みたいなものに選ばれてないけど絶対におかしいぞ)

CULTURE CLUB

おとぎ話の「CULTURE CLUB」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/VmSS4

 

 

きのこ帝国


最初名前を聞いたときは「ゆらゆら帝国」と「キノコホテル」のパクリだろ・・。って思いましたが、今はそんな退屈な俺にドロップキックしたい。
海外のオルタナ・シューゲイザー的な要素を入れつつも日本ののロックの良さも入っていて最近のバンドっぽくない。シシャモにしたって、ガールズバンドは最近の流行というより90年代以前っぽいバンドが人気な風潮あるの謎です。

 

・とにかく雰囲気が最高。Voと曲のマッチ度がすごい1st

渦になる

きのこ帝国の「渦になる」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/eU6fF

 

・ちょっとポップに寄ってきた印象のアルバム。これの東京を聴いてハマりまし

フェイクワンダーランド

きのこ帝国の「フェイクワールドワンダーランド」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/ggjn3

 

 

くるり


この人たちは「アルバム多いし雰囲気が違うからどれ聴いていいかわかんねえよ!!」枠です。分かります。どれから聴いていいか分かりませんよね。


日本のバンドでくるりほどどれから聴いていいか分かんないバンドはない気がします(そういう点でビートルズっぽい)。

僕はくるりの大ファンですが、いわゆる「捨て曲無しの名盤」みたいなものは無いと思っていて。さらにベストはベストで良い子ちゃんすぎるんですよね。くるり最大の特徴である変態的な曲が少ない。

なので聴き放題のApple Musicで好きなアルバムを見つけてほしいです(投げやり)。

 

とりあえず僕のオススメを挙げます。
・とにかく良い曲しかないベスト

ベストオブくるり 1,2

くるりの「ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/kBDfk

 

くるりの「ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER 2」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/FrgFA

 

・ポップで分かりやすいエレクトロ路線

TEAM ROCK

くるりの「TEAM ROCK」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/HcTqg


・個人的に一番好き、大人しめ

アンテナ

くるりの「アンテナ」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/NhWqg


・バラエティ豊かでポップな曲が多いが長い

坩堝の電圧

くるりの「坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/HOZoH

THE PIER

くるりの「THE PIER」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/bEjE2

 

・激しくて変態曲多めの一番トガったアルバム

図鑑

 くるりの「図鑑」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/-ZRqg

 

 

Suchmos


2016年を代表するバンドといっても過言では無いんじゃないでしょうか。
ジャミロクワイからの影響を強く公言しているなど海外R&B、ロック、ヒップホップなどを上手くミックス出来ている。さらに歌詞がちょっとダサいのがツボです。
こういうバンドが日本語で、しかもこのロックスター不在の時代に現れてくれることは本当に嬉しいです。

 

・2016年どこのラジオでもかかりまくってた代表曲STAY TUNE入りミニアルバム

LOVE & VICE

Suchmosの「LOVE&VICE - EP」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/eieX_

 

・YMMやMireeなどの代表曲が入ってるフルアルバム

THE BAY

Suchmosの「THE BAY」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/w6E_7

 

 

SHISHAMO


いま大人気で知ってる人も多いと思いますが、こちらもApple Musicで全部聴けます!

この人たちの面白いところは、最近のバンドっぽくない(というかあまり流行らない)ガレージロックや90年代の日本のロックから非常に影響を受けている点です!(しかし歌詞は女の子や男の子の可愛い目線、、)

(完全に好みが一致、しかも年齢も同じだぜ、、)


なにより僕の大好きなTheピーズの影響が強かったりと、素敵な女の子バンドです。
個人的にはaikoとかに近いのかな?と感じています。あとVoの宮崎さんの顔がめっちゃ好き。

 

・はじめて聴いた時やられた!と思った。ロックンロール!

SHISHAMO

SHISHAMOの「SHISHAMO」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/1Z52R

 

・ちょっとだけ最近の流行りに近づいてきたメジャー3rd

SHISHAMO3

 SHISHAMOの「SHISHAMO 3」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/-bBGab

 

 

住所不定無職/Magic, Drums & Love


住所不定無職はロックンロールでポップ、つまりポップンロール!!って感じのガールズバンドです。
少年ナイフとかをめっちゃポップにして日本語にした、、って言ったら乱暴ですが、あながち間違ってない気がします。カッコいい。

 

実は現在活動していないバンドですが、今は形と名前を変え「Magic, Drums & Love」として活動中。
Magic〜の方は海外のR&B、ファンク、ジャズを彼女たちなりの「ポップンロール」流に解釈してるアルバムだと思ってます。近年のシティポップとは一味違う感じが良い。

 

・これが日本のポップンロールだ!とにかく可愛いしカッコいい。

トーキョー・ポップンロール・スタンダードナンバーワン フロム・トーキョー!!!

住所不定無職の「トーキョー・ポップンポール・スタンダードナンバーワン フロム・トーキョー!!!」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/x-fvC

 

・住所不定無職としては最後のアルバム、ゾンビーズ子ちゃんのポップセンスが大爆発してる。

GOLD FUTURE BASIC,

住所不定無職の「GOLD FUTURE BASIC,」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/QRjNQ

 

・これが日本のシティポップンロールだ!!(スカートの澤部氏が絶賛してた)

Love De Lux

Magic, Drums & Loveの「Love De Lux」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/L3uYcb

 

 

高橋優


よくテレビに出てる高橋優さん。よくJポップなシンガーソングライターだと思われがちですが、彼はバリバリのフォークシンガーです。ちゃんと「フォーク」してます。

反戦や反政府も歌いつつ、根本的にあるのは彼の優しさ・ラブで、うーん。素晴らしい。ディラン好きそう。


一般的に名盤とされる「僕らの平成ロックンロール」がインディーズ作品なのでAppleMusicに無いのが、、涙。


・メジャー1st、ポップな曲が多いが毒もあり

リアルタイム・シンガーソングライター

高橋優の「リアルタイム・シンガーソングライター」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/hqlUz

 

・フォークでロックでロールな名盤

僕らの平成ロックンロール②

高橋優の「僕らの平成ロックンロール②」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/LA23I

BREAK MY SILENCE

高橋優の「BREAK MY SILENCE」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/4YHRN

 

 

Nabowa


京都のインストゥメンタル(歌なし)のバンドです。
バイオリンが入っているのが特徴的で非常にカッコいい。 まだあまり知名度はないけれど、フェスによく呼ばれたり、有名ファッションショップとコラボしていたりと人気になるのも時間の問題か。

ギターの人がやってるTHE BED ROOM TAPEも有名でアジカンのゴッチとか奇妙礼太郎とコラボしてます。

 

ACOとのコラボ曲が入ってるバンド名タイトルのアルバム

Nabowa

Nabowaの「Nabowa」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/NGN9v

 

・代表曲SUNやきょうの空が入ってる、(僕はここから入りました)

Sen

Nabowaの「Sen」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/AkggH

 

 

髭(HiGE)


髭ちゃん!もう中堅クラスだけどあんまり売れてない。音源もライブもまじで最高なのでぜひチェックして!
ジャンルはロックンロールでサイケデリック、ガレージ、ポップな要素が大爆発!最高です。

(ちなみにApple Musicで髭は「髭」と「髭(HiGE)」の両方の名義が別で登録されていて、それぞれ別のアルバムが割り振られているので要注意!)

 

・有名曲多くて分かりやすい、何よりカッコいいぞ!!

PEANUTS FOREVER

髭 (HiGE)の「PEANUTS FOREVER」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/Y3ekm

(余談ですがこのアルバムの「せってん」が僕と髭のせってんでした。 深夜に酒飲みながら大学の先輩にせってんの魅力を長時間語られた、、)

 

サイケデリック要素たっぷりの新譜

ねむらない

髭の「ねむらない」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/sMp-9

 

 

The Birthday


伝説のミッシェルガンエレファントのチバユウスケクハラカズユキが中心となって結成されたバンド。

なんと言おうとカッコいい。歌詞がダサいけどカッコいい(謎)。
高校時代、はじめて行ったバースデイのライブでチビりかけました。かっこいい、音でかい!なによりチバユウスケの存在感!そして歌がクソ上手え!!

 

・初期のミニアルバム。カッコよくて短いので聴きやすい。

MOTEL RADIO SiXTY SiX

The Birthdayの「MOTEL RADIO SiXTY SiX」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/blV4q

 

・現ギターのフジイケンジの加入後、初アルバム。最高。

I'm just a dog

The Birthdayの「I'M JUST A DOG」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/P4yqA

 

 

the pillows


「永遠のブレイク寸前」the pillowsさん来ました。結成27周年。僕が人生で一番好きなバンドです。

知らない方のために説明すると、ミスチルスピッツウルフルズらと同期のロックバンド。インディーズ時代は彼らと一緒にライブをやったりしていたものの、他のバンドだけブレイク。
ピロウズも毎回いいところまで行くのですがいつもブレイクまでに至らず。しかし前述のバンドや若い人気のバンドなどからの熱いリスペクトを受けています。

 

音楽ジャンル的には90年代のアメリカ・イギリスの所謂インディーロックとかブリットポップと言われるジャンル(?)と、日本のロックの良いとこ取りしたバンドで、ポップでロックでカッコいい!

 

・近年の人気曲や、昔の代表曲が再録されているベスト盤

Rock stock & two smoking the pillows

the pillowsの「Rock stock & too smoking the pillows」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/Kc-5s

 

・近年のピロウズと、初期ピロウズの中間に存在している(と思っている)アルバム2枚 ここから入ると良いかも

MY FOOT

the pillowsの「MY FOOT」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/Xb97s


Wake up! Wake up! Wake up!

the pillowsの「Wake up! Wake up! Wake up!」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/PKHdp

 

・みんな大好きFunny Bunnyが入っている、一番脂の載った時期の名盤

Happy Bivouac

the pillowsの「HAPPY BIVOUAC」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/r727s

 

 

真心ブラザーズ


真心ブラザーズ!これは 「聴いてみようと思ってたけど、いつもレンタル忘れちゃう」枠です。
真心ブラザーズってちゃんと聞くまえは「拝啓、ジョンレノン」と「サマーヌード」くらいしか知らなかったので、フォーク畑出身の陽気なユニットなのかな くらいにしか思ってなかったのですが、、はじめてKING OF ROCKというアルバムを聴いた時ヤバい!!この人たちヤベエ!!ってなりました。


メロディ重視のフォークかと思ったらファンキー、R&B感もありつつ・さらにがなるようなYO-KINGのVoが最高。

 

・はじめて聴いて脳天ぶっ飛ばされた、爆発してる(世界一カッコいい尿路結石の歌がある!)

KING OF ROCK

真心ブラザーズの「KING OF ROCK」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/dYFwI

 

・タイアップも多いので2009年のオールタイムベストもオススメ!

GOODDEST

真心ブラザーズの「GOODDEST」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/MJKwI

 

 

ミツメ


オウガと並び、こちらも日本のインディーロックの雄。
(以前ミツメ、スカート、トリプルファイヤーの3マン行きましたが最高でした、JPインディーロック。)

クリーンなツインギターの絡みが素晴らしい。透き通っていながらも気の抜けたVo.やその曲の世界観が素晴らしい。ドライブとかしながら聴くと最高。

 

・1st、まだ今のミツメらしさは少ないがカッコよくてトガってる。ここから段々追っていくのがオススメ。

mitsume

ミツメの「mitsume」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/MT6Ibb

 

・最新作、前作よりバンドサウンドにこだわっている印象。これが今のミツメ、超カッコいい。

A Long Day

ミツメの「A Long Day」を @AppleMusic で聴こう。
https://itun.es/jp/2-lObb

 

 

ということで15組紹介しました!

アルバム全部聴けるよ!とか言った割にアルバム指定してるのなんだかな〜と思いましたが、オススメは必要かなと。

 

気づいたら9,000字近い、、

オススメのバンドばかりなのでぜひ!聴きまくってください!!

 

ほぼ地元民が名古屋の観光スポット5選教えるよ!


読みました。

名古屋駅付近は何もないとか、テレビ塔つまんないとか同意だけど、なんつーか、、、愛がないんだよ愛が!!

結論「名物巡りをしよう」ってなんやねん!!楽しい観光スポットだってあるわ!!ということで地元民(と言っても名古屋近郊在住だけど)がオススメしたい観光地&スポットを紹介します。


f:id:debriel:20160522233959j:image

まずは名古屋で最もオシャレな街とも言える栄です。(ここでは矢場町も栄エリアとして扱います)

名古屋駅から東山線の藤が丘方面行きに乗って2駅めの「栄駅」で降りましょう。

名古屋イチの商業エリアであり、さらにグルメスポットでもあります。

百貨店で言えば松坂屋丸栄三越があったり、パルコ、ロフト、ラシックなどの商業施設もあり、サンシャイン栄オアシス21などの象徴的な建物もあります。

パルコはともかく、ラシックや百貨店には有名ブランド店が立ち並んでいますが、それに加えてGAPやユニクロ、フォーエバー21、ZARA(いま建て替えてるけど)などのファストファッションブランド店、また個人のセレクトショップなども立ち並んでいます。

食事に関しても百貨店などの商業施設だけでなく、個人経営のお店がたくさんあるので名古屋名物はもちろん色々なものを食べることができます!モーニングとかもね!

百貨店以外の食事ならプリンセス通りという場所がオススメです。ランチをやってる店も多いですが、夜に行くとスゴイです。ボーイに声かけられがち♪


大須商店街

f:id:debriel:20160523003737j:image
僕の大好きな場所です。大須ならある程度案内できる自信があります。
もともと大須観音の近くにできたただの商店街だったのですが、寂れていた時期に家電屋やパソコンのお店がたくさん集まったそうで。さらにそこから若者向けのお店が出来るようになって出来たのが、今の大須商店街となっています。

大須商店街へは名古屋駅から先ほどの栄駅で名城線に乗り換え「上前津駅」で降りましょう。
よく大須観音駅で降りるという人がいるのですが、大須商店街へ行くのなら上前津一択です。大須観音で降りるやつはモグリです。
また、栄駅からも余裕で歩いて行ける距離となっていて、栄駅からパルコの方面に歩いて行くと気づいたら大須に着いてます、

大須商店街の魅力と言えばそのカオスさに尽きます。
先ほどのようなオタク系の店が連なる道のすぐ横道を行けばオシャレな若者御用達の古着屋があったり。さらにその近くにはおばあちゃん向けの洋服屋や、中学生が着るような服の店、食事処、お寺、カフェ、ホビーショップ、楽器屋、レコード屋など。さらにエスニックなレストランもあったりします。
それに伴って客層も、親子連れ、お年寄り、中学生、大学生、外国人までかなり幅広い年代・人種の方が楽しそうにお買い物されています。

ただ、初見の人は迷ったり分からなくなるので、大須についてまとめてあるサイトがあるので前もって気になる店の情報(特に通りの名前)を調べておくのがオススメです。

大須の欠点は夜に行くとほぼ閉まっていることと、水曜(あと火曜)定休の店が多いのでその日に行くと悲しい思いをします、、(経験者) トルコ人に声かけられがち♪


リニア・鉄道館

f:id:debriel:20160523000022j:image
最近行った中でダントツに楽しかったのがリニア鉄道館。これはさすがにかなり有名なのでは。
名古屋駅からあおなみ線(リニモ)に乗って終点「金城ふ頭」駅にあります。

JRが運営している、電車や新幹線のアーカイブです!昔の実際の電車や新幹線に乗って写真を撮ったりできます。
f:id:debriel:20160523000612j:image

それに加えて電車の仕組みを実験で体験することができたり、ジオラマがあったりと年甲斐もなく超楽しめました。
またリニモの運転の体験が抽選で当たった人だけ追加料金なしで楽しめます。が、僕は外れてしまいました。超人気です。 後ろから体験を見ていたのですがゲーセンの電車でGOって感じでした。

とても楽しかったです。超オススメ。 子供いがち♪

豊田市美術館

f:id:debriel:20160523002936j:image
あらかじめ謝っておきます。名古屋じゃないです、ごめんなさい。
しかし、名古屋市営地下鉄から1本で豊田まで行けるということを知らない人は意外と多いと思います。僕も知りませんでした。ということで名古屋扱いです。申し訳ございません。

名古屋駅から地下鉄東山線の藤が丘に乗って伏見駅へ。そこから鶴舞線に乗り換えで「豊田市駅」までGOです。
注意して欲しいところが、途中から鶴舞線名鉄豊田線というのに繋がるので地下鉄のフリーきっぷ+名鉄の料金を払わなければなりません。
名古屋駅から名鉄本線で知立駅で乗り換えて豊田市駅に行く方法もあります。無視してください。

豊田といえばトヨタ博物館とか、トヨタの工場見学などもありますが個人的には豊田市美術館がイチオシです。

まず建物が本当に素晴らしい。建築科の友人の話によると谷口吉生氏という世界的に有名な建築家の最高傑作と言われていて、氏は他にもニューヨーク近代美術館東京国立博物館法隆寺宝物館などの設計もされてるみたいです。そんな方の最高傑作、ヤバい。

今はデトロイト美術館巡回展ということで、デトロイト豊田市姉妹都市だということと、豊田市美術館のリニューアル記念ということで豊田市美術館主催で実現した巡回展。
f:id:debriel:20160523001946j:image

ゴッホ、生モネ、良かったっす、、、ボキャブラリーがクソすぎて何も出てこねえ、、、

企画展も何個かやっていたり、階段の壁や、庭などに作品が展示されていたりと飽きません。
交通費は少しかかりますが、必見です。 初回道に迷いがち♪


今池

f:id:debriel:20160523004137j:image(今池といえばガスビル)
今池は名古屋の誇る、というか僕の好きな夜の街です。いわゆるディープスポット。
観光地というよりは、名古屋で夜に飲みたいな〜という方のための街。
居酒屋がたくさんあるのと、ライブハウスがたくさんあるので僕はよく訪れます。逆に言えば酒もライブも興味のない人たちは全く訪れない街だったりします。

居酒屋がたくさんありすぎて紹介しきれないですが、個人的に大好きなのは得三(Tokuzo)というお店。
得三は夜はライブハウスで深夜は居酒屋という形態で、なんと朝5時までやってます。
名古屋イチご飯の美味しいライブハウスと言うだけあってご飯もお酒も美味しいです。 
またライブも、ちょっとしたステージで小さい音でやる とかじゃなくて、本当に普通のライブです。
それでライブが終わると椅子や机を出して居酒屋になって、ライブが終わったミュージシャンと一緒に飲めたりして超サイコーです。

その横の玉ぐすくという沖縄そばのお店も絶品なので是非。
台湾ラーメンで有名な味仙も、本店は今池だったりします。

今池も説明しきれないので、気になったらぜひ調べてください!遊びに来てください! 今池から始発で帰るとき松屋なか卯寄りがち♪




ただの自己満でしかない紹介でしたが、本当に名古屋っていい街なのでぜひ遊びにきてください!!待ってるぜ!