Please Dr.Pepperman

音楽とかラーメン好きです

最近のロックバンドのライブで違和感を感じていること

こんばんはdebrielです。今回は超個人的でエゴな記事を書きます。

最初に書いておきますが、ライブの楽しみ方なんて各々が勝手にやればいいだけで、矛盾しているようですが、「そういうことをするな!」と書くつもりは全く無いです。

 

 

最近レコーダーのHDDを整理していると去年の春に行われたロックフェスの特番を見忘れていたことに気づき、消費しようと流し見程度に見ていました。

そこですごい違和感を覚えたんですよね。

それが

「オーディエンスがみんな同じ動きをしている」

ところでした。

 

「みんな同じ動き」って具体的にどんなの?と思われたかもしれないので説明すると、

みんな同じタイミングで手を挙げたり、手を挙げる動きも同じような動き(グッパー?)ツーステップと呼ばれる動きをしたり、どや顔でダイブ(他のお客さんの上に乗っかる)したり・・・。

前々から???に思っていたのでここで僕が思っているところを書きたいと思います。

 

 

まずライブって「自由であるべき」と僕は思っています。

何をしたって良いというか、ある程度人に迷惑をかけない範囲で客たちは何をやったっていいと思うんですよ。モッシュしたり、声出したり、踊ったり。

なので、もちろん上記のような画一的に見える動きをしていたって当たり前のように良いのですが、さっきのフェスの特番を見たりり、自分がフェスやライブに行ったりして思ったのが

「それまわりのノリに合わせてやってない?」

ということなのです。

そういう人たちのインタビューを見たりしても、結局他の客と合わせてるように見えるというか、「ライブを見に来ている」ことと同じくらい、「一体感を楽しむためにやりに来ている」のが強いような気がするのです。

例えば特番であるバンドに対して客の女の子がコメントで、「手拍子を入れるところがあって、それをみんなとやるのが楽しい」とを言ってました。

これって言ってしまうと「カラオケ」に近い感じがします。

カラオケに仲のいい複数人と行くときって、「歌を歌う」のに加え、タンバリン叩いたり、合いの手を入れたり、デュエットしたり みんなで一緒に盛り上がるという「一体感を味わう」部分もかなり強いですよね?むしろ後者のためにカラオケに行く人もいるかと思います。

それと同じように「一体感」が今のある一定層の若いバンドのファンでは求められているように思います。

一定層と言いますが、現在はこういうバンド、ファンがメインストリームです。

 

加えて、フェス文化が盛り上がるにつれて、「ライブのイベント化」が進んでいると思っています。

ここでいう「イベント」とは、「ライブ」とは別のお祭り(それこそフェスティバル)のようなものとします。

つまり「ライブ」が今までの「ライブ」じゃなくなってきていると思ってます。(な… 何を言っているのか わからねーと思うが(ry)

それを僕が思った理由として、Twitterなどでライブの感想を見ていると若いバンドのファンほど「楽しい」という言葉がかなり見られるんですよね。

その一方で「カッコ良かった」という言葉は、そういった若いバンドのファンからはあまり見受けられない。

僕はロックスターが大好きで、高校のころにはThe Birthdayピロウズ毛皮のマリーズを見てうおーーーー!!!カッケーーーー!!って思ってました。 いやもちろんライブって楽しいけど!!

ロックスター不在の時代と最近言われているのは、そういう「カッコいい」よりも「楽しい」が求められているからなのかもしれません。

 

そしてそういった若いバンドたちが人気を求めてなのか、盛り上げるためなのか、良い意味で言うなら「エンターテイメント性」を求め、悪い意味で「媚」を売るようになったんですね。

例えば最近のKEYTALKなんかはまさにそう。


みんな大好き高速四つ打ち裏打ち+Bメロでダンダダン フォー(名前わからん)+サビで振付やシンガロングしやすい むしろこれは完全に祭り化を目指している。

 

キュウソネコカミなんかは客の上にビート板乗せて「筋斗雲じゃー!!!」とダイブしたりしてます。ライブで見て普通に笑っちゃった。

 

別にこの音楽が良いとか悪いとか言う訳ではないんですが、これがメインストリームになっちゃうと面白いことやってるけどわかりにくいようなインディーズのバンドが出にくくなったりするんじゃないか危惧しています。もう十分メインストリームなんですけどね。

 

ロック(ライブ)って普段のストレスを忘れて、踊れるし暴れられるし一人で悶えられるし。もちろんみんなと同じ動きをして一体感も求められるしね。けどロック=「楽しさ」ではないと思うんですよね。

もっとそれ以上の何かがあるというか。このままだとただただ気持ちよければ良いものになってしまう気がします。

ダイブとかも、「今日どの曲でダイブしようかな~」って言ってる人がいましたが、そんなダイブほどつまらないものもない。

はじめてライブを見に来た高校生が居ても立っても居られなくなってやるダイブこそ一番美しいと思います。(自由にやれとか言っておいて文句つけてますねスミマセン...)

 

音楽って自分勝手な踊りをしてこそ、だと僕は思ってるんです。

少し前に星野源ブルーノ・マーズが対談しているのを見たのですが、お互いダンスミュージックをやっている者同士ということで、星野源

「日本人は(恋ダンスのような)決まった踊りをするのは得意なのですが、自分の踊り方で自由に踊ることは苦手で。どうしたら良いですかね?」とブルーノに質問していて、

ブルーノは

「リズムによって体が自然に動いてしまうものだ。原始人が火のまわりに集まって踊っているようなイメージさ。」と言っていたのがすごく印象的でした。

勝手に自由に踊りまくることが僕は一番だと思います。

もちろん最初に書いた通り、極力人に迷惑をかけない範囲で! おわり